まだIT業界にいないの?

まだIT業界にいないの?

IT業界を生き抜くためのブログ

まだIT業界にいないの?

12月1日、仮想通貨の所得計算について、国税庁が公式発表!

国税庁が仮想通貨の税金について公式発表

2017年12月1日、国税庁が仮想通貨の所得計算について、公式発表しました。 9つの項目に分かれていますので、代表的な項目の概要を伝えたいと思います。 前提として、すべての仮想通貨については、売却使用によって得た所得は雑所得として区分され、確定申告が必要となります。

ただし、20万円以下の所得に関しては納税の申告は不要です。

【全文はこちら】 全文

仮想通貨の売却

保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、その売却価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額となります。

例えば、100万円で買った仮想通貨を110万円で売った場合、差額の10万円が所得額となります。

仮想通貨での商品の購入

保有する仮想通貨を商品購入の際の使用した場合、その使用時点での商品価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額となります。

例えば、1万円で購入した仮想通貨が、1か月後に1万2000円に価値が上昇。 その仮想通貨を利用して、1万2000円の商品を購入した場合、含み益であった2000円が所得額となります。

仮想通貨と仮想通貨の交換

こちらも商品購入時と同じで、保有する仮想通貨を使用して他の仮想通貨を購入する場合(仮想通貨と仮想通貨の交換を行った場合)は含む益の分だけ税金がかかります。

例えば、1ビットコインを1万円で購入し、1か月後に1万2000円に上昇。 1ビットコイン(1万2000円)で、1つ120円のリップルを100個購入(支払額1万2000円)した場合、2000円が所得額となります。

上記以外にも、9つの項目に分かれて詳しく説明されていますので、気になる方は全文を確認してください。

おすすめの取引所

まだ口座を開設していない人は、以下の取引所がおすすめです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で